歓待の西洋室

夢を語ろう。

大正5年に建てられて、廃墟のようになっていた洋館。
当時の職人の技術がつまった和洋折衷の建物に胸を熱くし、
宝物のように大切にもらいうけた。それから約20年。

移築する場所を探して山を歩き、藪をはらい、石を組んだ。
仲間達でこつこつと作りあげながら、夢を見ている。

ここに人を招き、自然の美しさともてなしを味わってもらいたい。
身体と心を癒す「歓待の西洋室」は、間もなく完成しようとしている。

previous arrow
next arrow
 
previous arrow
next arrow

洋館のもっていた骨格や手の痕跡を残しながら、
現在の職人の持てる技術を惜しみなく投入する。
次世代へつなぎたい建築のディテール。

previous arrow
next arrow
 
previous arrow
next arrow

水を引き、石を組み、山道をつくり、山野草を植える。
蝶を増やし、鳥を呼び、トンボを育てる。
自然の美しさや現象が、壁になる。

ABOUT MEMBERSHIP

「歓待の西洋室」は会員制でオープンを予定しています。
会則や会費などもふくめ、詳細が決まりましたらご紹介いたします。