あら楽し・・・職人最後の時代

「 あら楽し 思いは晴るる 身は捨つる                  浮き世の月に かかる雲なし 」 これは、あの赤穂浪士の大石内蔵助が 詠んだ辞世の句なのだが・・・・          この誰もが知っている 歴史上 […]

Read More →

銀座WAKOのウィンドウ

東急文化村で開いた個展の設営をしたのは6月2日。 設営は10人がかりで、職人社秀平組総出といった、 大掛かりなものであった。 準備が整ってすぐ、 自分には、次のとても大きな課題が課せられていた。 職人衆を集めて打ち合わせ […]

Read More →