塗り壁の力

数年前まで、いわゆる刑務所の出入りを繰り返し、     その長い人生の大半以上を過ごしてしまった人物が、         およそ4年間に渡り、この自分につかえていたことがある。 関東出身、生まれながらの天涯孤独。 その昔 […]

Read More →

生みだしている人に

今、踏みしめたのは     赤く染まる前に散った、淡色の葉 美しくあれ  哀しくあれ     ・・・・・・

Read More →

空をみあげて

子供の頃の自分を思い出すとき     情けないくらいに、泣いて、震える 臆病な人間だった事が、          今でも強い記憶として残っている。 けれど、表向きは、元気でわんぱく、          取っ組み合いのケン […]

Read More →

歓待の西洋室物語

《 もてなしの館 》からの招待状は、めったに発行されることはない。 これまでも幾度となく、     その噂を聞きつけて、たずねてくる人はいたけれど、 僕はいつも、にこやかに話しながら、    その最後には、なんだかんだと […]

Read More →